飲食店の集客アップ!インスタグラムのハッシュタグでおすすめを紹介!

ユーザーが飲食店を知るきっかけとなっているインスタグラム。

しかし中にはインスタグラムを上手く活用できず、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

「インスタに投稿しているけど、フォロワー数や来店客が増えない……」

「どんなハッシュタグをつければいいんだろう……」

この記事では、このようなお悩みにお答えします。

 

今回は集客につなげるインスタグラムのハッシュタグについて、詳しく解説していきます。

飲食店向けのおすすめハッシュタグや、付け方のポイントもわかりますよ。

関連記事

コロナ渦で多くの飲食店が苦しんでいる中、生き残っていくために広告や宣伝を検討しているお店は多いのではないでしょうか。   そこでこの記事では、 「宣伝のためにグルメサイトへの掲載を検討している」 「どこに掲[…]

Retty 食べログ 徹底比較

 

見込み客へアプローチ!飲食店に人気のハッシュタグ

飲食店 インスタ

飲食店を探す際に、インスタグラムで検索するユーザーが増えています。

 

より多くのユーザーの目にとまるようなハッシュタグをつけて、フォロワーや来店客の獲得につなげたいですよね。

飲食店に人気のハッシュタグについてわかりやすく解説していきます。

店舗の特徴を示したハッシュタグ

基本的な情報として検索されやすいのは、店舗の特徴を示したハッシュタグです。

飲食店のインスタグラムでは必ずおさえておきましょう。

 

意識するべきハッシュタグについては、例えば以下のようなものがあります。

・店舗名(正式名称、カタカナ、略称)

・地域名(都道府県名、エリア、駅名)

・ジャンル

・メニュー名

・「テイクアウト可」などお店の特徴

 

ユーザーは飲食店の正式名称を正しく知らない場合もあります。

店舗名は読み方や略称もつけておくと、検索でヒットする可能性が高くなります。

エリア名と組み合わせたハッシュタグ

インスタグラムでは、エリア名とジャンルを組み合わせたハッシュタグも効果的です。

 

【例】

・#南青山カフェ

・#吉祥寺カレー

・#みなとみらいディナー

・#代官山テイクアウト

 

ユーザーが飲食店を探す際には、すでにエリアが決まっている場合がほとんど。

エリア名とジャンルを組み合わせることで、狙ったターゲットにお店をアピールできるのです。

 

そのため、このハッシュタグからやってくるユーザーは実際のお客に結びつきやすいという特徴があります。

 

集客につなげる!ハッシュタグの付け方のポイント

Instagram ハッシュタグ

インスタグラムで多くのユーザーに投稿を見てもらうためのハッシュタグの付け方には、あるポイントが存在します。

お店に興味を持ってもらい、集客につなげるためのハッシュタグの付け方をマスターしましょう。

 

ここからハッシュタグの付け方のポイントを具体的に解説していきます。

ビッグワードからスモールワードを組み合わせる

ハッシュタグに使われる言葉は、投稿数や検索ユーザーの数によって「ビッグワード」「ミドルワード」「スモールワード」に分類されます。

 

たとえば、2022年6月現在で「#カフェ」は2,685万件もの投稿があるビッグワード。

広い範囲を示す言葉ほどビッグワードになりやすい傾向があります。

このような人気のハッシュタグは毎日投稿される数が多いため、すぐに埋もれてしまうのが難点です。

 

ハッシュタグには、地域名とジャンルを組み合わせたミドルワードや、お店の看板メニューなどで具体性を増したスモールワードが欠かせません。

 

ミドルワードとスモールワードは具体的なニーズが固まっているユーザーが検索する場合が多く、顧客の獲得につながりやすくなるメリットもあります。

ビッグワードで基本の情報も伝えつつ、ミドルワードとスモールワードをバランス良く組み合わせましょう。

利用シーンに関連するハッシュタグを使う

多くのユーザーは料理名やジャンルだけではなく、お店を利用するシーンに関連する言葉で検索しています。

飲食店を探しているユーザー目線になって、ユーザーが検索しそうなハッシュタグをつけるのがポイントです。

 

たとえば、ターゲットを「湘南に訪れた観光客」とした場合、「#湘南観光 #湘南グルメ #湘南ランチ #湘南ごはん」などが考えられます。

 

「#湘南観光」のように飲食店を探す目的ではなかった検索の場合も、表示された投稿に興味を持ち、来店につながる可能性も。

最近では「#テイクアウト」「#テイクアウトグルメ」にも注目が集まっています。

 

集客したいターゲットがどんなシーンで検索をするのかを思い浮かべて、ハッシュタグを使ってみましょう。

同じ意味の言葉も表現方法を変える

同じ意味の言葉の表現方法を変えてみるのもポイントの一つ。

 

インスタグラムのハッシュタグは、完全に一致している検索結果のみが表示されます。

漢字・ひらがな・カタカナが違っても表示されないため、注意が必要です。

 

同じ意味の言葉にも複数の表示方法があります。

たとえば、カフェは「#cafe」「#喫茶店」で検索される場合も。

 

検索で特に表示させたい言葉は、さまざまな表現方法でハッシュタグをつけるのが効果的です。

より多くのユーザーの検索ワードにヒットさせましょう。

 

飲食店におすすめのハッシュタグ例

飲食店 ハッシュタグ おすすめ飲食店におすすめのハッシュタグ例を、具体的にご紹介します。

 

例として、次のようなお店のハッシュタグについて考えてみましょう。

・お店の名前:「mare」

・お店のジャンル:イタリアン

・お店の場所:横浜

 

すると、次のようなハッシュタグがイメージできます。

 

【例】

#mare

#マーレ

#イタリアン

#パスタ

#横浜イタリアン

#横浜パスタ

#横浜ランチ

#横浜観光

#横浜テイクアウト

#おしゃれパスタ

#パスタ好きと繋がりたい

 

インスタグラムでは、1つの投稿で30個までハッシュタグをつけられます。

ユーザー目線に立ったハッシュタグで、インスタグラムからの集客アップを目指しましょう。

 

インスタのハッシュタグで魅力を伝えて来店につなげよう

まとめ

インスタグラムにおいて注目度を高めるには、正しい手順が存在します。

 

写真の撮り方、加工の方法、キャプションの文章、投稿するタイミング……

今回ご紹介したハッシュタグの付け方に関してもそうです。

 

インスタグラムで伸びていない人は「正しいやり方を知らない」だけ。

お店の集客アップのため、是非とも正しい運用方法をマスターしましょう。

関連記事

Instagramは飲食店集客に強いメディアであり、飲食店と相性の良いSNSだと言われています。Instagramの強みは利用者数の多さです。日本国内アクティブユーザー数は2019年3月に3300万人を突破し、現在も増加傾向にあります。 […]

飲食店 インスタ 運用