美容師のインスタ投稿でおすすめのハッシュタグとは?今すぐ使える実例を紹介!

「インスタグラムのハッシュタグで集客につなげたい」

「インスタに投稿しているけど、結果が出ない…」

この記事では、上記のようなお悩みにお答えします。

 

インスタグラムで情報を発信している美容師さんの中には、もっと効果的にハッシュタグを活用したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、美容師さんのインスタにおすすめのハッシュタグと活用術をわかりやすく解説していきます。

 

ユーザーへ効果的にアピールできるハッシュタグの具体例や、閲覧数アップにつなげるコツがわかりますよ。

関連記事

美容師のインスタアカウントは、インスタの中では人気コンテンツの1つですがアカウント数も多く、飽和状態になってきています。そんな中でフォロワー数を伸ばすのは少し大変ですよね。   集客や宣伝が目的であればフォロワー獲得は[…]

美容師のインスタ活用法 3つのポイント

 

関心の高いユーザーへアピールするためのコミュニティハッシュタグ

インスタ コミュニティハッシュタグ

コミュニティハッシュタグとは、特定のテーマについて関心をもつユーザー同士をつなげるハッシュタグです。

 

コミュニティハッシュタグを通じて投稿を見てくれたユーザーは、実際のお客さんに結びつきやすいという特徴があります。

そのため、使いこなせれば高い集客効果を生むことが可能です!

 

美容師さんのインスタにおすすめのコミュニティハッシュタグについて、ここから詳しくご紹介していきます。

必ず入れたい「#地域名+美容室」

ハッシュタグには美容室やサロンがある地域名を必ず入れましょう。

そうすることで、ユーザーにどの地域の美容室なのかを伝えることができます。

 

「#地域名+美容室」の例

・#下北沢美容室

・#札幌美容室

・#大阪美容室

 

地域名は都道府県や市、町、駅名がおすすめです。

そのエリアで美容室を探している人に絞ってアピールできますよ。

特徴をアピールできる「#地域名+メニュー名」

インスタグラムでは、地域名にメニューやスタイルを合わせたハッシュタグも効果的です。

美容室の強みを伝えられます。

 

「#地域名+メニュー名」の例

・#横浜ショートボブ

・#福岡縮毛矯正

・#仙台トリートメント

 

すでにメニューが決まっているユーザーは、そのメニューに強い美容室を探しています。

「地域名+メニュー名」のハッシュタグは、そうしたユーザーを狙い撃ちすることが可能です。

絞り込みに効果的な「#特化したメニュー名」

メニュー名を具体的に示すと、興味を持っているユーザーに的を絞って届けられます。

たとえば、2022年3月現在で「#ボブ」は623万件もの投稿がありますが、「#ぱっつんボブ」にすると7万件に。

 

特徴を含めたメニュー名はターゲットを自然に絞ることができ、ユーザーも希望のスタイルを探しやすくなります。

 

「#特化したメニュー名」の例

・#横顔美人ショート

・#ブリーチなしカラー

・#髪質改善ストレート

 

特化したメニュー名で検索するユーザーは関心が特に高いので、投稿を繰り返し見に来てくれる可能性が高くなります。

 

ビッグワードからスモールワードを組み合わせて多くのユーザーに届ける

美容師 インスタ タグ

ビッグワードからスモールワードのハッシュタグを組み合わせることで、多くのユーザーに投稿を届けることが可能です。

インスタグラムのハッシュタグで使用される言葉は、投稿数や検索ユーザー数に応じて「ビッグワード」「ミドルワード」「スモールワード」の3種類に分けられます。

 

これら3種類のハッシュタグをどのように活用していけばいいのか、わかりやすくご説明していきます。

ビッグワードだけだと埋もれてしまう

ビッグワードは埋もれてしまう可能性が高く、注意が必要です。

ビッグワードは投稿数や検索ユーザーが極めて多い、人気のハッシュタグです。

 

「#可愛い」「#ファッション」など、抽象度が高く、広い範囲を示す言葉ほどビッグワードになりやすい傾向があります。

 

例えば2022年6月現在で「#美容室」は1,456万件の投稿があるビッグワード。

このハッシュタグは毎日投稿される数が多いため、すぐに埋もれてしまいます。

 

ハッシュタグをビッグワードのみにしてしまうと、競争率が高く、投稿した写真や動画を見てもらえる確率が下がってしまいます。

ミドルワードとスモールワードを活用する

インスタグラムのハッシュタグでは、ミドルワードとスモールワードの活用が重要です。

具体的な言葉ほど投稿数が少なくなり、ビッグワードに比べてライバルが減るので上位表示される可能性が高くなります。

 

ミドルワードやスモールワードはある程度のニーズが固まっているユーザーが見る場合が多く、顧客の獲得につながりやすくなるメリットも!

 

投稿数が多いビッグワードからの流入も目指しつつ、ミドルワードとスモールワードをバランス良く使用して、本来のターゲットにアピールしましょう。

ハッシュタグの組み合わせ例

ビッグワード、ミドルワード、スモールワードを組み合わせたハッシュタグ例をご紹介します。

 

【1回の投稿でのハッシュタグ例】

#美容室

#横浜美容室

#ショートヘア

#似合わせカット

#骨格矯正カット

#ハンサムショート

#横浜ハンサムショート

#ハイトーンカラー

#横浜ハイトーンカラー

#細めハイライト

#お洒落さんと繋がりたい

 

ビッグワードだけでなく、ミドルワードとスモールワードもバランス良く使い、関心の高いユーザーへのアプローチを目指します。

 

インスタグラムのハッシュタグは30個まで付けられますが、無関係なハッシュタグはユーザーに不快感を与える原因に。

必ず投稿に関連するハッシュタグを使いましょう。

ハッシュタグを味方につけてインスタを活用しよう

Instagram インスタ

ハッシュタグを通じて投稿を見に来てくれるユーザーは、「自分にピッタリの良い美容室はないかな?」と探しているユーザーです。

マーケティング的に言えば「見込み客」であり、ガッチリと掴んでおきたいターゲットだと言えるでしょう。

 

インスタグラムの投稿で、より多くの注目を集めるために欠かせないハッシュタグ。

ですが、意外と適当に付けてしまっている人が多いのも事実です。

 

ぜひとも、見込み客を掴んで離さないハッシュタグの運用方法を身につけましょう!

関連記事

インスタグラムの利用者の増加により、集客に活用する人がますます多くなっています。そんな中、なかなか集客につながらなかったり、フォロワーが増えなかったりと悩んでいる人も少なくありません。   しかし、コツさえ掴めば売上ア[…]

インスタ 集客 コツ