インスタとTikTok、どう使い分ける?プロがおすすめを解説します!

  • 2023年1月22日
  • 2023年12月13日
  • SNS
SNS Instagram TikTok 使い分け

ショート動画を投稿するSNSといえば「TikTok」が人気ですが、最近では「Instagram」もショート動画が人気のコンテンツとなっています。

これはInstagramを運営するMeta社がTikTokをライバル視し、動画コンテンツに力を入れているためです。

 

ではそんな2つのSNSですが、どうやって使い分ければ良いのでしょうか?

 

そこでこの記事では、某有名企業でSNS運用を担当しているプロフェッショナルをはじめ、5人のインスタグラマーさんとティックトッカーさんに使い分けのコツを教えていただきました

 

ぜひSNS運用の参考にしてくださいね。

 

関連記事

2020年にインスタの新機能として登場したリール。 TikTokのような、縦に動画が流れるのが特徴で、早速インスタの投稿手段の一つとして加わることになりました。   とはいえ、インスタには動画の投稿手段が4つあり[…]

インスタ 足跡つけずに見る方法

 

InstagramとTikTokはどう使い分ける?経験者が解説!

Instagram TikTok 使い分け

インスタマーケ.comでは、「InstagramまたはTikTokでフォロワー5,000人以上」の人を対象に、「InstagramとTikTokとをどう使い分けているか?」についてアンケートを実施しました。

 

中でも参考になる方法を5つ、抜粋してご紹介します。

 

①:Instagramは「細かく・はっきり」、TikTokは「大まかに・楽しく」をイメージ

私は主にInstagramとtiktokで車の投稿をしています。その中で、「室内のインテリアなど細かな部分を見せたい時にはInstagramで」、「全体の外装など大まかに見ていただきたい時にはTiktokで」という使い分けをしております。

なぜならInstagramは正方形の写真を使用することで細かい部分とはっきり伝えることが出来るからです。

 

その例として、車のハンドルや室内のロゴ、所々にあるインテリアをアップで撮影しています。その写真を投稿することで、わかりやすく伝えることが出来るのです。

 

またInstagramは、Tiktokよりハッシュタグの効果が有効です。

そのため、文章はわかりやすく簡潔に、その分ハッシュタグを多くつけることで興味がない方にもおすすめに出やすくするようにしています。Instagramのハッシュタグを多く使用することにより、「いいね」がつきやすくなります。

 

そしてTiktokは映像をメインとするSNSのため、動いているものを楽しく、面白く伝えることが出来ます。

その例として、車が走っているところや実際の人のリアクション、使用の仕方などを音楽に合わせて投稿しています。日常をわかりやすく伝えるのはTiktokが非常に有効です。

 

仕事で二つを投稿しているので様々な守秘義務があり、このくらいしかお伝え出来ませんが、この回答が少しでも力になれたら幸いです。

 

②:Instagramは「素材の良さ」が重要、TikTokは「編集の上手さ」が重要!

私はインスタでは写真を、Tiktokではダンスを投稿しています。なぜなら、インスタは動画よりも写真の方が見やすいからです。

Instagramではとにかく気軽さを重視し、ササっと見れることを意識しています。

 

Tiktokの場合は、その時に人気のダンスを投稿しています。短い時間で気軽に誰でも投稿できるので便利です。

 

インスタの場合は映えを重視するので「素材の良さ」が大切ですが、Tiktokの場合は編集がメインなので、その違いもあります。短い時間で動画を見てもらおうとしたらTiktokの方がいいですね。

 

③:Instagramではキャプションを重視。TikTokでは手軽に新規フォロワーを獲得できる。

私は、文章をたくさん書いて内容を紹介したい時はインスタを使います。なぜなら、インスタの投稿にはキャプションがあるからです。Tiktokには、歌ってみた動画や振り付け動画を投稿します。

 

また、私の場合、インスタのフォロワーの方が多いため、たくさんの人に見てもらいたい投稿やハッシュタグをたくさん付けたい投稿は、インスタを使用しています。

 

新規のフォロワーを集めたいときはTiktokが手軽でおすすめです。

 

④:表現したい画像や動画の「イメージ」で使い分けを!

主にTikTokでは「面白い・笑える」といったイメージで発信しています。一方でInstagramは「いいな・欲しいな・食べたいな・行きたいな」といった感情や気持ちで振り分けています。もちろん振り分けは見た側の立場になって考えています。

 

理由としては、使い分けをはっきりする事で、投稿する時に悩む事もなく、スムーズに自信をもって投稿できるようになるからです。

 

また閲覧の際は、趣味のアイドルの応援をする知り合いを探したい時はInstagram、アイドルの動画のまとめや特集を見たい時はTikTokと使い分けています。

 

インスタグラムの方が年齢が近い人が多いので価値観が合う人が多く、友人探しには重宝します。TikTokは編集が上手な人が多いので、まとめ動画などはとても見やすいですね。

 

⑤:好きな美容関係の投稿はInstagramで、トレンド性の高い投稿はTikTokで

私はInstagramは美容関係の発信をしています。TikTokでは流行りの音楽に合わせてダンスを投稿しています。

インフルエンサーやアーティストの方を参考に、可愛い振り付けをして踊ってみた動画をあげています。

 

最初はTikTokでも美容関係の投稿をしたかったのですが、動画が中心のTikTokでは、じっくりと化粧品の紹介をするのは難しいように感じました。

 

Instagramは静止画での投稿が可能なので、自分が好きな美容商品を使って他の人にもおすすめしたいという気持ちで投稿しています。

 

Instagramはじっくりと丁寧な投稿が、TikTokではトレンドに応じたスピード感のある投稿がおすすめ!

Instagram TikTok 使い分け

アンケートを分析したところ、

Instagramで伸びている人は「じっくり・丁寧な投稿作り」と「本当に良い素材選び」

TikTokで伸びている人は「トレンドを素早く察知する嗅覚」と「編集へのこだわり」

に、それぞれ力を入れている傾向があります。

 

そのため、自身が「本当に好きなものだけをこだわって投稿したい」タイプなのか、それとも「思いついたもの・気になったものを手軽にサッと投稿したい」タイプなのか、見つめ直す必要があるでしょう。

 

また、「写真選び・素材選びに時間をかけたい」のか、「編集に時間をかけたい」のかで使い分けるのもおすすめです。

 

そしてアンケートの結果、動画コンテンツにも力を入れているInstagramですが、やはり「ショート動画はTikTokの方がオススメ」という意見が多く聞かれました。

もちろんジャンルにもよるものの、動画コンテンツを中心に活動した場合はTikTokをメインとするのが無難だと言えるでしょう。

 

関連記事

写真や動画の投稿をメインとするSNS、Instagram。 手軽にオシャレな写真を見たり投稿したりして楽しめる一方で、TwitterやFacebookなどの文章をメインにしたSNSとくらべ、「劣等感を感じる「他人と比べてしまう」」とい[…]

インスタ 劣等感 病む

 

Instagramも!TikTokも!YouTubeショートも!ショート動画を極めたいならこれ!

Instagram TikTok 使い分け
引用元:https://brmk.io/Q8Fr

InstagramやTikTokに苦手意識を持っている人は、

伸びている人は結局、もとがオシャレだから伸びているんでしょ?

と諦めてしまっていませんか?

 

いいえ、違います。

伸びている人と伸びていない人との違いは、「伸ばすための方法」を知っているかどうか

それだけなんです。

 

そこでオススメしたいのが、

・Instagramフォロワー9万人

・SNS総フォロワー17万人

の実績をもつ、ソウタさんのSNS教材です。

 

ソウタさんは特にインスタのリール投稿やTikTok、YouTubeショートなどの「ショート動画」を得意としています。

 

この教材のオススメのポイントは、「伸びている人が、実際に何を考えて行動しているか?」という、根本的な部分を学べること!

 

ぜひ一度、本物のSNS運用テクニックを学んでみませんか?

 

ソウタさんのSNS運用テクニックをチェック!