Googleビジネスプロフィール登録はネット集客の基本!登録方法を解説

ネットで集客をしたいという方は、Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)への登録はお済みでしょうか?Googleビジネスプロフィールは、飲食店や美容室など、店舗でビジネスをしている人にとって非常に重要な集客ツールです。

 

まだ使っていないお店は、ライバル店にお客さんを取られてしまう可能性も。今回は、Googleビジネスプロフィールに登録すると使える機能や、登録方法について解説します。

※2021年11月、Googleマイビジネス→Googleビジネスプロフィールへと名称変更しました。

あわせて読みたい

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)を活用するためには、オーナー確認が必要になります。オーナー確認ができているかどうかは、Googleマップから簡単にチェックすることができます。   Goog[…]

GMB オーナー確認 アイキャッチ

googleマイビジネスへ登録すると使える機能とは?

Googleマイビジネス 登録

Googleビジネスプロフィールに登録すると、ネット集客に活用できるさまざまな機能が使えるようになります。具体的な機能について、知っておきましょう。

Googleマップに写真や最新情報を投稿できる

Googleビジネスプロフィールに登録すると、Googleマップに店舗や商品の写真を投稿することができます。魅力的な商品を投稿することで、顧客にPRすることが可能です。

 

写真の他にも、季節限定のサービスや、期間限定のイベント情報などの投稿機能も使えるようになります。最新の情報を24時間いつでも発信できるため、災害などで急にお店を休業しなければいけなくなった場合でも、即座に対応できます。

ユーザーからのクチコミに対応可能

Googleマップでは、ユーザーが自由に口コミを記載できるようになっています。またGoogleビジネスプロフィールに登録すると、自分の店舗への口コミに対して返信ができるようになります。

 

万が一、ユーザーから悪い評価をされてしまった場合でも、基本的に口コミを削除することはできません。ですが、返信機能を活用し、真摯に受け止める姿勢を示すことで、お店への影響を最小限にすることが可能です。

 

あまりにも悪質な口コミの場合は、削除依頼をすることができます。Googleが利用規約に違反していると判断した場合に限り、口コミを削除してもらえます。

ページを見たユーザーの情報を分析できる

Googleビジネスプロフィールに登録すると、ページの検索数や閲覧数、連絡をした人の数などの確認が可能に。得られたデータを分析することで、Googleビジネスプロフィールをより効果的に活用できるようになります。

Googleビジネスプロフィールへ登録する前にチェックしておくこと

Googleマイビジネス 方法

Googleビジネスプロフィールへスムーズに登録できるよう、Googleアカウントや店舗情報を事前にチェックしておきましょう。

Googleアカウントの登録が完了しているかどうか

Googleビジネスプロフィールの登録にはGoogleアカウントが必要です。アカウントは無料アカウントと有料アカウント、どちらでも登録可能です。

 

アカウントが既にある場合は、ログインできるかを確認してください。できない場合はパスワードの再設定などをおこないましょう。アカウントを持っていない場合は、アカウント作成をおこないます。

 

Googleのホームページ右上にある「ログイン」をクリックし、でできたページの「アカウントを作成」からアカウントを作成できます。

Googleマップ上に店舗情報の登録があるか

Googleはネットにある情報を元に、Googleマップの情報を作成しています。そのため、Googleビジネスプロフィールに登録する前に、Googleマップ上に店舗情報の登録がされていることも。まずは自分の店舗情報が登録されているかを確認しましょう。

 

Googleマップの店舗情報は、一般のユーザーも編集ができるようになっています。自分の店舗情報の登録があった場合は、その情報が正しいかを確認してください。情報が間違っている場合は修正が必要です。

Googleビジネスプロフィールへの登録は無料!その方法とは?

Googleマイビジネス 無料

ネット集客に欠かせないGoogleビジネスプロフィールは、無料で登録できます。事前チェックが終わったら、実際に登録してみましょう。

Googleビジネスプロフィールのページから必要事項を入力

①Googleビジネスプロフィールにアクセス

ページ上に出てくる「今すぐ開始」のボタンをクリックします。

 

②ビジネス名を入力

既に店舗が登録されている場合は、プルダウンから選択します。ビジネス名は「キャッチフレーズ」や「営業時間」などで、不要な情報を登録することは禁止されています。登録解除される可能性もあるので、注意しましょう。

 

③ビジネスカテゴリをプルダウンから選択

自分のビジネスカテゴリがわからない場合、同じような事業内容の店舗情報を参考にして選択します。メインカテゴリの他に、追加カテゴリを選択することも可能です。

 

④店舗住所を入力

正しい住所の入力が必要です。数字は全角で入力します。マップ上のピンの位置がずれている場合は正しい場所に修正が必要です。

Googleマップに表示する情報を入力

Googleマップの店舗情報欄に表示する情報を入力していきます。入力が必要なのは以下の項目です。

 

・電話番号

・営業時間

・定休日

・ホームページURL

・支払い方法

・店舗の説明

 

営業時間や定休日は、年間カレンダーで設定することができます。後から変更することもできます。

 

店舗情報の入力が終わったら、オーナー確認方法に進みます。ハガキや電話、メールで確認コードを受け取り、コードを入力して完了です。

まとめ・Googleビジネスプロフィールでオンライン集客をスタートしよう

Googleマイビジネス まとめ

Googleビジネスプロフィールに登録すると、「地名+業種」や「近所の○○」などでGoogle検索をした人が、あなたのお店を認知してくれます。

例・「渋谷 美容室」、「近くの喫茶店」

 

現在では「新しいお店にはネットで検索してから行く」という人も少なくありません。無料で使用できるGoogleビジネスプロフィールに、ぜひ登録をしておきましょう。

 

またGoogleビジネスプロフィールでは、写真を投稿するなど情報を定期的に更新することで、Googleで検索した際に上位で表示されます。

 

もしも「Googleビジネスプロフィールの情報更新が面倒だ」と考えている場合、「toco-suru(トコスル)」というツールと連携するのがオススメです。

Instagramにアップした写真がGoogleビジネスプロフィールに自動で掲載され、Googleでの上位表示が狙えます。

 

キャンペーンコード「125」を入力して申し込むことで、30日間無料で利用できます。

トコスルのお申し込みはこちら
トコスル公式サイト
トコスル申し込みフォーム
また、
  • 「Googleビジネスプロフィールを利用したいのに登録がうまくいかない」
  • 「勝手にGoogleマップに店が登録されてたけど、放置していて大丈夫?」
という方は、以下の記事を参考にしてください。
あわせて読みたい

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)を活用するためには、オーナー確認が必要になります。オーナー確認ができているかどうかは、Googleマップから簡単にチェックすることができます。   Goog[…]

GMB オーナー確認 アイキャッチ